しみの種類について

未分類

加齢が進行していくと顔の色んな部位にしみができてしまうことがあり、老けて見えたり美肌を損ねてしまう原因となってしまいます。一度できてしまったしみの改善は難しく、スキンケアによっても薄くならないことが多いので悩んでしまいがちです。そんな厄介なしみですが、どういった種類のものがあるのでしょうか。

老人性色素班というものがあり、これは多くの方ができるタイプのしみです。原因としては紫外線を浴びることによっておきます。体は紫外線を浴びると防御反応としてメラニンを生成し、紫外線を体内に入れないようにします。その後不要になったメラニンは排泄されてしまいますが、中にはそのまましみとして残ってしまうことがあります。40代以降になると特にメラニンが残ってしみになってしまうようになります。一度できてしまったら除去が難しいものでもあります。

そばかすもしみの一種だと言えます。茶褐色の色が特徴的ですが、遺伝も原因となっています。しかし大きな原因は紫外線です。紫外線を浴びるとできてしまうことがあり、さらに紫外線を浴びると色素が濃くなってしまいます。さらに炎症性色素沈着もしみの一種です。これは傷や化粧品の使用によって起こることがあります。このタイプのしみは薄くなることがありますが、中にはそのまま残存してしまうこともあります。